375506

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
リプレイ感想掲示板

[ 指定コメント (No.1740) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ 続々金旋伝第四章あとがき 投稿者:李俊
アイコン 第四章「勝負の鍵を預かりし者」のあとがきです。

>公孫朱と公孫恭
ちょっと説明不足っぽいので補足いたしますと。

公孫恭は娘の成長を嬉しく思っているわけですね。
でも、大した能力もない自分が義理であっても親であることで、
彼女の将来を縛ってしまうのではないか、と思ってるのです。
なので、敵であるうちに娘自身にそのしがらみを断たせよう、
という思いであったわけです。
常人はこんな自殺っぽいことを考えたりはしませんが、この人EDですので。

>下町娘の目標
これについては今は語れません。
終盤の展開のためのファクター、とだけ言っておきましょう。
今言えるのは、「私そんなの思ってない」と言ってるのは嘘ではない、とだけ。

>「守るべき主君も、国も、妻も、なくしました」
この言葉が指すのは孫権・呉・小喬です。
曹操と魏はあくまで仮の主君であり国である、という考え。
ちなみに小喬は実際は生きてるわけですが、当時の情報の正確さを考えると
遠方で本当に何が起こったのかを知るのはなかなか難しいわけで。

>「ずっと一緒にいたんだぞ!15年だ、15年!」
金旋の半分程度しか生きてない自分ですけれども。
15年間、ずっと一緒にいて、毎日顔を合わせて、気を許している相手。
そんな人が目の前で死にそうになったら、と考えると。
いくら人の生き死にが日常にある乱世であっても、
冷静でいられないのではないでしょうか。

この顛末は、次回に。なるべく早めに出したいと思います。
ではでは。
2009/07/11(Sat) 18:17:35 [ No.1740 ]

投稿者 No. 削除キー

- YY-BOARD - icon:MakiMaki
- Antispam Version -